全国で保護運動の対象になっている高山植物

北海道地域

アポイハハコ

花 名
アポイハハコ
科 名
キク
花 期
6~7月
特徴
タカネハズハハコに似ているが葉が丸く、日本では北海道だけにあります。

エゾイワツメクサ

花 名
エゾイワツメクサ
科 名
ナデシコ
花 期
7~8月
特徴
葉や縁にやや長い毛があり、花がまばらなことで他のツメクサと見分けます。

エゾゼンテイカ

花 名
エゾゼンテイカ
科 名
ユリ
花 期
6~8月
特徴
本州のニッコウキスゲ。

エゾコザクラ

花 名
エゾコザクラ
科 名
サクラソウ
花 期
7~8月
特徴
ハクサンコザクラの基本変種で、葉はやや厚く上半分に切れ込み状の鋸歯があります。
ページの先頭へ

エゾスカシユリ

花 名
エゾスカシユリ
科 名
ユリ
花 期
6~7月
特徴
花びら同士の間にすきまがあり、下が透けて見える。

エゾノツガザクラ

花 名
エゾノツガザクラ
科 名
ツツジ
花 期
7~8月
特徴
常緑の小低木で群生します。変種にユウパリツガザクラ、コエゾツガザクラがあります。

エゾノリュウキンカ

花 名
エゾノリュウキンカ
科 名
キンボウゲ
花 期
3~8月
特徴
リュウキンカより大型で草丈は時に1m近くなります。流水や湿地に生えます。

エゾフウロ

花 名
エゾフウロ
科 名
エゾフウロ
花 期
6~9月
特徴
葉の切れ込みが深く、花にうぶ毛のあるのがエゾフウロ、ないのがハクサンフウロ。
ページの先頭へ

エゾゴゼンタチバナ

花 名
エゾゴゼンタチバナ
科 名
ミズキ
花 期
6~7月
特徴
北海道大学の校章に使われている。

チシマアマナ

花 名
チシマアマナ
科 名
ユリ
花 期
6~7月
特徴
千島列島のウルップ島で発見された。

ヒダカソウ

花 名
ヒダカソウ
科 名
キンポウゲ
花 期
5~6月
特徴
キタダケソウや朝鮮のウメザキサバノオの仲間です。アポイ岳の特産種です。

メアカンキンバイ

花 名
メアカンキンバイ
科 名
バラ
花 期
7~8月
特徴
小葉が広い楔形で先端は大きく三つに裂け、全体にやや粉白があります。
ページの先頭へ

リシリヒナゲシ

花 名
リシリヒナゲシ
科 名
ケシ
花 期
7~8月
特徴
全体に粗毛があり、北海道の利尻岳の山頂付近のみに生える。

レブンアツモリソウ

花 名
レブンアツモリソウ
科 名
ラン
花 期
5~7月
特徴
礼文島に生育し、アツモリソウにしては小型で淡黄色の花をつけます。

レブンウスユキソウ

花 名
レブンウスユキソウ
科 名
キク
花 期
6~8月
特徴
礼文島に咲くエーデルワイス、白い部分は花びらではなく葉。

レブンシオガマ

花 名
レブンシオガマ
科 名
ゴマノハグサ
花 期
6~7月
特徴
葉が5~6枚輪生し、花が10段以上つくものがレブンシオガマ。

このページのトップに戻る