全国で保護運動の対象になっている高山植物

中部山岳地方

アツモリソウ

花 名
アツモリソウ
科 名
ラン
花 期
5~6月
特徴
花の形が武者が羽織る母衣に見立て、悲運の若武者平敦盛に当てはめて命名されました。

イワギキョウ

花 名
イワギキョウ
科 名
キキョウ
花 期
8月
特徴
岩場に咲くキキョウに似た多年草。

ウルップソウ

花 名
ウルップソウ
科 名
ゴマノハグサ
花 期
7~8月
特徴
肉厚で生命力溢れる葉と、紫色の見事な花です。最初にウルップ島で発見されました。

オオサクラソウ

花 名
オオサクラソウ
科 名
サクラソウ
花 期
6~7月
特徴
亜高山帯の沢筋林縁に長く伸びた茎頂に5~10個の花をつけます。
ページの先頭へ

キタダケソウ

花 名
キタダケソウ
科 名
キンポウゲ
花 期
6~7月
特徴
北岳の特産種でJAFPAのシンボルの花です。葉や花の形からハクサンイチゲと見分けます。

キタダケトリカブト

花 名
キタダケトリカブト
科 名
キンポウゲ
花 期
8~9月
特徴
「トリカブト」の中でも最も小さく高いところに咲きますが毒性は同じです。北岳の特産種です。

クモマナズナ

花 名
クモマナズナ
科 名
アブラナ
花 期
6~7月
特徴
別名はタカネナズナ。本州の中部地方の高山帯から高山帯の岩場に生える。

クルマユリ

花 名
クルマユリ
科 名
ユリ
花 期
7~8月
特徴
葉が1~3段輪生します。花は反り返って丸く見え、この花色はお花畑で目立ちます。
ページの先頭へ

クロユリ

花 名
クロユリ
科 名
ユリ
花 期
6~8月
特徴
花の色と葉のつき方ですぐわかります。恋の花として有名ですが、異臭があります。高さ10~30cm

コマウスユキソウ

花 名
コマウスユキソウ
科 名
キク
花 期
7~8月
特徴
ウスユキソウの仲間で最も小型で、中央アルプス木曽駒ヶ岳の特産種です。

コマクサ

花 名
コマクサ
科 名
ケシ
花 期
7~8月
特徴
高山植物の女王といわれます。花の形から馬の顔を連想してつけられたのでしょう。

サンプクリンドウ

花 名
サンプクリンドウ
科 名
リンドウ
花 期
8~9月
特徴
三伏峠で最初に発見されたためこの名前がついた。高さ5~15cm。南アルプス特産。
ページの先頭へ

シコタンソウ

花 名
シコタンソウ
科 名
ユキノシタ
花 期
7月
特徴
南千島の色丹島で発見されたのがこの花名の由来。赤と黄の斑点が特長で花茎は赤い。

シナノキンバイ

花 名
シナノキンバイ
科 名
キンポウゲ
花 期
7~8月
特徴
色鮮やかで大きく個体数が多く、大群落を作るので、お花畑の主役です。

シラネアオイ

花 名
シラネアオイ
科 名
シラネアオイ
花 期
7~8月
特徴
亜高山の樹林下で大型の花(萼片)を咲かせます。日本にだけ自生する誇り高き花です。

タカネコウリンカ

花 名
タカネコウリンカ
科 名
キク
花 期
7~8月
特徴
花の色とつき方から「紅輪花」となりましたが橙黄色の花を4~5個咲かせます。
ページの先頭へ

タカネツメクサ

花 名
タカネツメクサ
科 名
ナデシコ
花 期
7~8月
特徴
ミヤマツメクサと似ている、ミヤマツメクサの葉脈は3本だがでタカネツメクサの葉脈は1本。

タカネナデシコ

花 名
タカネナデシコ
科 名
ナデシコ
花 期
7~8月
特徴
花は花弁の3分の2程度まで裂ける。

タカネビランジ

花 名
タカネビランジ
科 名
ナデシコ
花 期
7~8月
特徴
草丈の割には花が大きく色も白から紅まで多彩です。南アルプスの特産種です。

タカネマンテマ

花 名
タカネマンテマ
科 名
ナデシコ
花 期
7~8月
特徴
咲いている時は横向きですが、実になると上を向きます。南アルプスの特産種です。
ページの先頭へ

タカネヤハズハハコ

花 名
タカネヤハズハハコ
科 名
キク
花 期
8月
特徴
別名はタカネウスユキソウ、雌雄異株の多年草でヤマハハコの仲間。

チングルマ

花 名
チングルマ
科 名
バラ
花 期
7~8月
特徴
常緑の低木で山岳にはたくさんあります。実に付いた長い毛を、稚児が遊ぶ風車に見立てた様です。

ツガザクラ

花 名
ツガザクラ
科 名
ツツジ
花 期
6~8月
特徴
葉の形がツガに似て、花の色がサクラに似ているから。

ハクサンイチゲ

花 名
ハクサンイチゲ
科 名
キンポウゲ
花 期
6~8月
特徴
日本の高山植物では最もポピュラーな花です。「一華」と言っても数個花をつけます。
ページの先頭へ

ハクサンコザクラ

花 名
ハクサンコザクラ
科 名
サクラソウ
花 期
7~8月
特徴
加賀の白山で見つかりました。サクラソウを代表する種です。

ハクサンフウロ

花 名
ハクサンフウロ
科 名
フウロソウ
花 期
7~8月
特徴
スッキリとした筋の入った美しい五枚の色鮮やかな花弁です。時折り白花を見ます。

ベニバナヒメイワカガミ

花 名
ベニバナヒメイワカガミ
科 名
イワウメ科
花 期
4~5月
特徴
一番高い所に咲くイワカガミです。

ヒメセンブリ

花 名
ヒメセンブリ
科 名
リンドウ
花 期
8~9月
特徴
短い夏山の終わる頃、脆いガラス細工のような清楚な花をつけます。南アルプスと八ヶ岳の特産種です。
ページの先頭へ

ホウオウシャジン

花 名
ホウオウシャジン
科 名
キキョウ
花 期
8~9月
特徴
南アルプス鳳凰山の特産種で、イワシャジンの高山型変種で、全体に小型です。

ホテイアツモリソウ

花 名
ホテイアツモリソウ
科 名
ラン
花 期
5~6月
特徴
アツモリソウとよく似ていますが、色は濃紅紫色で大きく立派です。

ミネウスユキソウ

花 名
ミネウスユキソウ
科 名
キク
花 期
8月
特徴
ウスユキソウの高山型で花は薄く雪をかぶったようで白い、高さ10センチくらいの多年草。

ミヤマクワガタ

花 名
ミヤマクワガタ
科 名
ゴマノハグサ
花 期
7~8月
特徴
花糸が長く伸び、鎧武者の兜の前立ちに似ています。咲く場所により花色が違います。
ページの先頭へ

ミヤマシャジン

花 名
ミヤマシャジン
科 名
キキョウ
花 期
8~9月
特徴
ヒメシャジンの変種で見分けが難しいのですが、萼片に鋸歯がありません。

ミヤマハナシノブ

花 名
ミヤマハナシノブ
科 名
ハナシノブ
花 期
6~7月
特徴
花の雰囲気からこのような名前がつきました。北岳と白馬岳に分布します。

ミヤマムラサキ

花 名
ミヤマムラサキ
科 名
ムラサキ
花 期
7~8月
特徴
可憐な薄紫の花をつける多年草。

ヨツバシオガマ

花 名
ヨツバシオガマ
科 名
ゴマノハグサ
花 期
6~8月
特徴
葉が茎に4枚ずつ輪生して、薄紫の花は数段に付く多年草。
このページのトップに戻る