JAFPA NEWS(会報)

JAFPA NEWS Vol54

平成19年度 観察山行で出会った花

エゾコザクラ
エゾコザクラ
アオノツガザクラ
アオノツガザクラ
コケモモ
コケモモ
メアカンキンバイ
メアカンキンバイ
ジムカデ
ジムカデ
イワブクロ
イワブクロ

白旗会長、山梨・静岡県知事に緊急提言!

日本各地域から動物たちによる「食害」という自然破壊、植生破壊が進んでおり、特に、ニホンシカによる高山植物への被害が進んでいる実態が山小屋関係者等から報告されている。特に、南アルプスの南部から北部一帯に被害が及んでおり、この対策には、可及的速やかに取り組む必要がある状況となっている。

このため、当協会の白旗会長は、特に、被害の著しい静岡県、山梨県への対策強化を要請するため両県を訪れた、

6月4日には、静岡県の石川知事、6月15日には、山梨県の横内知事を相次いで訪問した。そこで、南アルプス山域におけるニホンシカによる高山植物の食害が著しく、絶滅に瀕する状況にあることを写真等を提示して説明し、次の二点について緊急提言を行った。

  1. ニホンシカの駆除計画を策定し、捕獲頭数を大幅に増やすとともに、捕獲対策を早急に実施すること。
  2. 有害鳥獣対策の担い手が不足している実態から、自衛隊の派遣を要請し駆除の実効を上げられたい。

これに対し、両県知事とも要請内容を十分受け止められ、具体的な取り組みを進めたいとの意向を示された。


支部に関する細則が改正されました

本年5月26日に開催されました理事会において、支部に関する細則が改正されました。詳しくは本号の会報に掲載されておりますので、ご確認ください。

一定の地域に在住する会員の皆さんに呼びかけて支部を設立し、JAFPAの活動を地域の皆さんと一緒に実施してみたいと思われる方は、事務局へご相談してください。


追記

南アルプス市は9月13日、絶滅した櫛形山のアヤメ群落について次の対策を講じることとし、9月定例市議会に調査費などの補正予算案を提出することにしました。

来年度から二年間、櫛形山のアヤメ群落で株数が激減した原因を突き止める調査事業を実施する。調査は、減少した原因として指摘されている野草の影響やシカの食害の影響を把握するため、除草や柵を設置して生育状況を調べる。

また、今年十月には有識者による検討会を立ち上げ、抜本的な保護対策を協議していくこととし、9月定例市議会に提出する一般会計補正予算案に調査費など約九十万円を計上する。


高山植物一口メモ

アサマフウロ(フウロソウ科)
アサマフウロ(フウロソウ科)

夏の高原に咲き乱れる花の中で、フウロソウの仲間は常連と言っていいほど咲いている。タチフウロやミツバフウロの様に広い範囲に分布しているものや、特定の地域にしか分布していないものなど、変種を含めると約二十種くらいある。

アサマフウロは分布が狭いほうで、浅間山周辺や八ヶ岳山麓など本州中部に分布する。フウロソウの中では花が大きく径3cmから4cmもあり色は濃紅紫色で、一番鮮やかな色をしている。夏から初秋の霧ヶ峰高原や八ヶ岳山麓の清里高原や野辺山高原では、ほかのタチフウロやハクサンフウロの中でも際立った紅紫色で自己主張している。(文・村松正文 絵・遠山若枝)

事務局からのお願い

皆様からのお便りを募集しております

情報誌JAFPAへ掲載する会員の皆様からの便り「会員からの便り」を募集しています。

文字数は、500字程度で、写真もありましたら一緒にお送りください。「便り」には、会員番号、氏名、住所を必ず記載してください。なお、応募いただいた作品、写真はお返しできませんので、ご了承ください。

ゴミ持ち帰りキャンペーンのグッズを提供します

ゴミ持ち帰り用ビニール袋、入会案内書等を無料で配布します。地域の皆さんでゴミ持ち帰りキャンペーンの実施を希望される方は、事務局までご連絡ください。

このページのトップに戻る