JAFPA NEWS(会報)

JAFPA NEWS Vol.90

平成30年度高山植物フォトコンテスト最優秀賞 ミヤマアズマギク
平成30年度高山植物フォトコンテスト
最優秀賞「ミヤマアズマギク」大内 京子(千葉県我孫子市)

日本高山植物保護協会活性化について

(1)会員中心の活動案
  • ・ 高山の現地で活動できる人への宿泊費、交通費等の助成を含めた資金の助成をして、活動をしやすくする。
  • ・ 高山で活動ができない人は講演会、イベントへ参加して高山植物保護の啓発活動に協力する。
  • ・ 行政への協力
  • ・ 高山植物が絶滅の危機に瀕していることをまだまだ知らない人がほとんどなので、今まで以上にホームページ、イベントで訴える。
(2)一般市民を含めた活動案
  • ・ ホームページに協会の紹介、活動の案内等を載せ、活動参加者を募集する。
  • ・ 会員でなくても活動に参加できるようにする。
  • ・ 準会員のようなものを作り、保護活動についての案内、活動の報告をして保護活動等に参加しやすいようにする。
  • ・ 保護活動に参加した人に長く参加してもらうため、現資産を基に活動報告の冊子等を作成して送付し心を持たせる。
  • ・ 支部を無くして事務局のみにし、事務局で事務、会員募集、観察会、保護活動の計画及び実施を行う。
  • ・ 高山へ登って作業をしなくても、作業者を支援することで、高山植物の保護に役立つことができることを理解してもらう。
  • ・ 高山に限定しないで、低山地での希少種の保護活動を計画し、体力のない人でも参加できるようにする。
  • ・ 高山植物以外にも保護活動ができるように、団体の名称を希少植物保護協会に変更する。

 


令和元年度理事会、通常総会を開催

令和元年6月1日(土)、東京都千代田区の都市センターホテルで午前10時から理事会、午後1時30分から通常総会を開催しました。

理事会の上程議案審議

理事会の開催にあたり、司会の高橋事務局長から、本日の理事会は、理事総数34人の内、本日の出席者12人、委任状13人、計25人で過半数を超えているので成立しているとの報告の後、本日は白籏会長が体調不良のため欠席されているので、小谷副会長に会長代行をお願いする。として承認を求め、高橋事務局長が会長挨拶を代読した後、各支部長が支部の活動報告を行い、支部長あいさつの後、出席理事全員が自己紹介を行い、総会上程議案の審議に入りました。

理事会の協議は、小谷会長代行が議長となり、午後に開催される通常総会への提出議案第1号議案 平成30年度事業報告及び決算報告の承認に関する件 第2号議案 令和元年度事業計画並びに収支予算(案)に関する件 第3号議 案役員の一部改選に関する件について協議が行われ、すべて原案通り承認されました。

第4号議案 高山植物保護協会解散の可否に関する調査結果並びに方針については、これまでの調査結果が報告され、又、会の継続についての提案が出され、協議の結果、協会は引き続き事業活動を行っていくことで承認されました。

理事会での質問、意見

なお、提出議案審議の際、行われた質問や意見は以下の通りです。

問  支部への助成金の根拠は何か。
答  「支部に関する細則」の規定に基づき支出
問  クマガイソウの保護活動等へ、会から助成金を出していただくことは可能か。
答  理事会、総会の承認を得て、そのような予算を組めば助成することは可能であるが、現状ではそのような予算は組まれていない。
問  当会解散の可否についての理事の回答の中で、回答しなかった理事については解散について同意したものとみなしているが、同意したものとみなしてよいのか。
答  理事の皆さんに回答を求める際、回答がない場合は、同意したものとみなすことを記しています。

又、次のような意見がありました。

当会解散の可否について、継続の意思を示してくれた人がいたことは有難い。継続できるのであれば、継続してほしい。温暖化に向けて今後も様々な対策を考えなければならない。今後も当会として、やるべきことはまだまだある。同じことだけをやっていては先細りとなってしまう。新しい活動を行って、今後も活動の場を広げる必要がある。会員拡大のための入会の呼びかけや、企業への協力要請ももっと進める必要がある。当会が発足して最初のころは、総会・理事会は山梨で行っていたが、今は東京で開催している。東京は交通の便が良く参加しやすいので、今後も総会・理事会は東京で開催していただきたい。

通常総会 議案は原案通り承認

通常総会は、司会の高橋事務局長から、本日の総会は、会員総数596人の内、本日の出席者31人、委任状423人、計454人で過半数を超えているので成立している。との報告により進められ、初めに、小谷会長代行が白籏会長の代理としてあいさつ、続いて、ご来賓の関東地方環境事務所野生生物課課長の横田寿男様と、山梨県環境部次長の山岸正宣様からご挨拶を頂きました。

来賓祝辞の後、議長に小谷関西支部長が選任され、議事に入りました。

第1号議案(平成30年度事業報告並びに決算報告の承認に関する件)、第2号議案(令和元年度事業計画並びに収支予算案の承認に関する件)、第3号議案(役員の選任に関する件)が原案通り承認されました。

なお、総会では、「当会では現在、会員への通知は郵送により行っているが、メールで行うことができれば、手間もかからないし経費も節約できるが如何か。」との意見が出され、これに対し事務局から「当会は発足して30年以上となる。発足当時50歳以上で参加された人たちは80歳を超えており、メールでのやり取りができない人もいると思われるので、直ちにメールで行うことは難しいが、今後検討していく必要はある。」との回答がされました。

総会の議事終了後、大内京子会員により総会決議案が朗読提案され、満場一致で採択されました。

続いて、恒例となりました高山植物フォトコンテストの入賞者に、小谷会長代行から盾と賞金が贈られました。

また、記念講演では、乙女高原ファンクラブ 代表世話人、公益財団法人日本自然保護協会理事の植原彰氏に「小さな高原の、大きな挑戦」「乙女高原の生物多様性保全戦略」と題するご講演をいただきました。

 


平成30年度高山植物フォトコンテスト入賞作品

最優秀賞 ミヤマアズマギク
最優秀賞「ミヤマアズマギク」
大内 京子(千葉県我孫子市)
優秀賞 キタダケソウ
優秀賞「キタダケソウ」
深井 幾蔵(埼玉県蕨市)
優秀賞 キヌガサソウ
優秀賞「キヌガサソウ」
大平 昭善(東京都府中市)
入選 トウヤクリンドウ
入選「トウヤクリンドウ」
中山 厚志(長野県佐久市)
入選 クルマバツクバネソウ
入選「クルマバツクバネソウ」
鈴木 文夫(静岡県富士市)
入選 リュウキンカ
入選「リュウキンカ」
三神 徹(静岡県三島市)
入選 ヒメセンブリ
入選「ヒメセンブリ」
深井 幾蔵(埼玉県蕨市)
入選 タオカスミレ
入選「タオカスミレ」
大平 昭善(東京都府中市)

令和元年度 高山植物フォトコンテストの作品募集

本年度も例年通り、下記によりフォトコンテストの作品を募集します。
多数の皆様のご応募をお待ちしております。
作品の大きさ 六つ切 又は四つ切
募集期間 令和2年1月10日(金)~3月31日(火)
作品の送付先 〒400‒0027 甲府市富士見1丁目3‒28
特定非営利活動法人 日本高山植物保護協会事務局
審査員 白籏史朗氏(当会会長)
表彰式 令和2年度通常総会
入賞者には、盾と賞金を授与すると共に、情報紙とホームページで紹介します。
その他 応募作品の裏面に、花の名前、撮影場所と撮影年月日、氏名、連絡先、会員番号を記載してください。入選作品は返却できませんが、入選作品以外はご希望により返却します。返却を希望される場合は、作品をお送りいただく際、返信用封筒を同封してお送りください。
問い合わせ 〒400‒0027 山梨県甲府市富士見1丁目3‒28
特定非営利活動法人 日本高山植物保護協会
TEL&FAX 055‒251‒6180
E-mail:info@(アットマーク)jafpa.gr.jp

 


高山植物一口メモ イワカガミ いわうめ科

イワカガミ

岩地や崖に生え、葉の表面が鏡のように光っていることから名づけられた。イワカガミは、高山帯に生える高さ10㎝から30㎝になる常緑の多年草で、葉は円形で、縁には鋸歯があり、基部は、わずかに心臓形となり、先端は円いか、わずかにへこみ、革質で表面に光沢がある。初夏根出葉の中央から高さ10㎝位の直立する花茎をのばし総状花序をつけ、淡紅色の美花を、3~6 個開く。花弁の縁は、細かく裂ける。

写真のオオイワカガミは花序が総状から複総状で、花数が多いのが特徴。大きい葉は、ひときわ美しく、岩場に輝く。本来は、このオオイワカガミをイワカガミと称した。他に、ヤマイワカガミというのがあって、これは、葉が広卵形で鋸歯が荒く、総状花序は、径10㍉から15㍉の狭い漏斗状鐘形の白花を数個つける。

今年の大雪山の花も美しく、七月のはじめで、キバナシャクナゲ、エゾノツガザクラ、エゾコザクラ、メアカンキンバイ、チングルマ、イワツツジ、コケモモ、タルマエソウは、まだ莟だった。(写真と文  大内 京子)


皆様からのお便りを募集しております

情報紙JAFPA へ掲載する会員の皆様からの便り「会員からのたより」を募集しています。
   字数は、800字程度で、写真もありましたら一緒にお送りください。「便り」には、会員番号、氏名、住所を必ず記載してください。なお、応募いただいた作品、写真はお返しできませんのでご了承ください。


JAFPA会報誌をダウンロード

JAFPA会報誌をダウンロードいただけます。全文確認されたい方は、ダウンロードしてご利用下さい。

JAFPA会報誌全文ダウンロード
このページのトップに戻る