JAFPA NEWS(会報)

JAFPA NEWS Vol53

平成18年度 高山植物写真コンテスト

最優秀賞「ダケカンバ」片桐勝彦(駒ヶ根市)
最優秀賞「ダケカンバ」 片桐勝彦(駒ヶ根市)
優秀賞「ハクサンシャクナゲ」海野淑子(府中市)
優秀賞「ハクサンシャクナゲ」海野淑子(府中市)
優秀賞「イワブクロ」 鎌田寛(花巻市)
優秀賞「イワブクロ」 鎌田寛(花巻市)
入 選「ヤマホタルブクロ」海野淑子(府中市)
入 選「ヤマホタルブクロ」海野淑子(府中市)
入 選「コバイケイソウ」深井幾蔵(蕨市)
入 選「コバイケイソウ」深井幾蔵(蕨市)
入 選「エゾノツガザクラ」鎌田寛(花巻市)
入 選「エゾノツガザクラ」鎌田寛(花巻市)
入 選「オオミスミソウ」大平昭善(府中市)
入 選「オオミスミソウ」大平昭善(府中市)
入 選「チシマギキョウ」本條武志(八王子市)
入 選「チシマギキョウ」本條武志(八王子市)
入 選「チングルマ紅葉」村上浩二(五所川原市)
入 選「チングルマ紅葉」村上浩二(五所川原市)

総評

今回は応募者、応募点数共増え、作品も粒ぞろいで回を重ねるごとにレベルアップしてきた。入選作は花の特徴や生育環境をうまく捉えたものが多かった、選外作品もピンボケ、手ブレが無くなり基本的なところは大分良くなっている。ただ、バックの処理が悪く背景が雑然としているものや、主題の花が端へ寄り過ぎたり、逆にど真ん中過ぎるものがある。画面 全体のバランスを良く考えて作画してほしい。
村松正文


ピンクに染まる山梨から桃の花便り

入 選「チングルマ紅葉」村上浩二(五所川原市)

今年の春は昨年からの異常気象に続き温暖化が更に進んだようです。桜の開花がこの陽気で早くなりましたね。近頃の気候はますます暖かく、乾燥している気配です。本部のある山梨でも、桜と桃が同時に咲きそろい、桃の果 樹農家はいつもより早く、摘花作業を始めています。地球温暖化はさまざまなところにその弊害をもたらしているようです。とは言っても、その桃の花が満開になると山裾から街中まであらゆる大地がピンク色に染まり、高台から見る景色はそれは見事な桃源郷です。現在、NHKドラマの「風林火山」が放映されており、山梨県では今一番美しい自然景観で観光客を迎えています。青い空の下、桃、桜のピンク色、スモモ、サクランボの白い花とさまざまな色彩 で、華やかな大地を訪れた人々は美しい自然を心ゆくまで満喫しているようです。 日本の春夏秋冬、このすばらしい自然のサイクルが狂うことのないよう祈るばかりです。


自然とそこに生息する 鳥獣が共生するには…。

各地域から聞こえてくる「食害」という動物たちによる自然環境への 影響と動物たちの実態を全国各地域会員に聞きました。
  • 宮城県の食害による 鳥獣捕獲状況について
    蔵王地域連絡委員 山口昭一
  • 南アルプスが危ない!シカが山を食い尽くす!
    原稿・写真提供 長野・SBC信越放送記者 滝沢きく江
  • 丹沢大山自然環境総合調査による計画プロジェクト
    旧丹沢地域連絡員 渡辺恒美

伊那谷の風力発電建設計画その後

当協会がホームページでも紹介しました入笠山・鹿嶺高原周辺の山頂に計画されている風力発電建設について起こった反対運動のその後の経過が伊那谷支部から寄せられましたので報告します。 伊那谷支部長 片桐勝彦


平成19年度 第1回支部長・事務局長会議 開催さる

  • NPO法人取得への取り組み
  • 支部提案事項について
  • 平成19年度事業計画案の概要について

北信濃支部より活動報告

平成18年6月 長野県に、長野・松本地域を中心とした「北信濃支部」が設立され6月24日の支部設立総会、研修会、キャンペーン等、第一期の活動報告書が届きました。 「北信濃支部」は大勢の観光客や登山者を迎える有名な山々を抱えた地域で、自然保護活動は大変な労力が要求されますが、今後の「北信濃支部」の会員の活動を大いに期待します。


事務局より

平成19年度の理事会・総会

理事会
開催日時 平成19年5月26日(土曜日)午前10時より
総会
開催日時 平成19年5月26日(土曜日)午後1時30分より
受付時間 午後1時より 記念講演 増沢武弘氏(「高山植物の生態学」等 著者)  開催場所 東京・都市センターホテル *詳細は別途通知致します。

平成19年度事業計画

観察山行
期日 平成19年7月7日~9日(2泊3日)
場所 北海道 大雪山系旭岳 定員 25名(定員になり次第締め切ります。) *募集は別途通知致します。
指導者研修会
期日 平成19年度9月1日~2日を予定
場所 山梨県南アルプス市芦安 南アルプス仙水峠~栗沢の頭を予定しています。
このページのトップに戻る